グリーンツーリズム

グリーン・ツーリズムとは、「緑豊かな農山漁村地域において、その自然、
文化、人々との交流を楽しむ、ゆとりある休暇」のことを指します。
これまでの観光旅行や休暇の旅行と大きく違う点は、
体験(学習)を伴う旅であることです。
 都会とは違った「那須町ならでは」の農村風景や自然環境、
ここに住まう人々の暮らしや文化に直接触れることで、
訪れた人の心に残る旅となることでしょう。
グリーン・ツーリズムで那須町のもう一つの魅力に触れてみませんか?

那須町農業公社の取組

那須町農業公社では、グリーン・ツーリズムを通した
一次産業の振興で人や地域を活性化させるため、
受け入れてくれる農家のサポートをしています。
現在は農家民泊を主にしておりますが、
今後は農業体験の拡張にも取り組んでいきます。

農地民泊 受入農家募集中

農家民泊とは、主に首都圏や海外からの学生3~5名を自宅で受け入れ、
農業などの体験や受け入れ家庭との団欒を通して
農村地域での生活を体験していただくものです。
農家民泊は、保健所から特例簡易宿所の許可を受けた後、
大田原ツーリズムに農家民泊の登録を行い、
受け入れ時期を希望することで実施が可能となります。
「子どもが好き」、「地域を活性化させたい」、「つながりを大切にしたい」、
このような方はぜひ那須町農業公社にご連絡ください。

農家民泊を奨める5つの理由

[農家民泊を勧める5つの理由]
①申請手続きは簡単です。
→県や消防署、保健所等への申請は那須町農業公社が代行します。
②ボランティアではないため、収入が得られます。
→体験や宿泊には対価が発生するため、受け入れた人数分だけ収入が得られます。
③お客様を受け入れるにあたって、家の改築等は不要です。
→特例簡易宿所としての営業となるため、旅館のような改修は不要です。
ありのままの農村生活が何よりの体験です。
④農家でなくても農家民泊の登録は可能です。
→他の農家の協力を得て農業体験が実施できれば、農家民泊の登録は可能です。
⑤地域が元気になります。
→都会の子どもたちとのふれあいを通して、農村生活の素晴らしさを再発見できるだけでなく、
その土地のファンづくりにもつながるため、地域の活性化につながります。

農業民泊を受け入れてみたい農家の方はこちら
お問い合わせ