農地を貸す・借りる

自分の農地って増やせるの?
他の農家さんから借りることができるよ
貸し借りの情報はどこにあるの?
農業公社が情報を集めているよ
どうしたら借りられるの?
農業公社が最初から最後まで手続を支援するよ
家庭菜園をやるために農地を借りることはできるの?
残念ながら直接、農地を借りることができるのは農業者だけなんだ。
これまで農業をしていなかった人が、新たに農業を始める場合は、
国から補助を受けられるよ。詳しくは農業公社に相談してね!

農地の貸し借りに対する農業公社の役割

農業公社が農地の貸し借りを仲介します。

これまで農地の貸し借りは農業者同士が直接または農業委員会による話し合いの中で行われてきました。
しかし、手続が曖昧であったり契約内容に不備があったりして、トラブルになることも少なくありません。
農業公社が間に入ることで、貸す方、借りる方の双方が安心して農地を活用できます。

農地を貸す・借りるには

貸す方も借りる方も農業公社で随時、受付しております。

1)料金

利用料の設定や期間、その他の条件について、農業公社が蓄積されたデータから判断します。
農業公社は公的団体であることから仲介手数料で利益を出すわけではないので、常に適正な料金が保たれます。

2)農地利用集積円滑化事業

那須町の承認を受けた農業公社が農地利用集積円滑化事業規程に基づき実施するものです。
この事業は、効率的かつ安定的な農業系を営む方に対する農用地の利用集積の円滑化を図るため
農地所有者代理事業と農地売買等事業があります
(那須町では売買はあまり行われておらず、ほとんど貸し借りになります)。

次のような場合には引き受けできないことがあります。

  • 相続登記がされておらず、相続人の同意が得られない場合
  • 贈与税の納税猶予中である場合
  • その他貸借等のあっせんが困難な場合

その他の支援

農地に関するお困りごとは何でもご相談ください。

  1. 新規就農
  2. 農地の相続
  3. 離農
  4. 規模縮小

など。